欧米諸国では、成人の果糖の1日摂取量は約100gと言われています。日本はどのくらいでしょうか?近いものがあると思います。果糖は猛毒であり、様々な疾患を招いていると考えられています。

コントロールの悪い糖尿病と、糖尿病ではない疾患の人、健康な人ではどれほど血中の果糖濃度は違うのでしょうか?

HbA1cが平均で10.7の糖尿病グループと、非糖尿病で入院しているグループと、健康な人を比較しました。

非糖尿病グループは、白血病、脳血管疾患、虚血性心臓病、不整脈、肺炎、肺癌、消化性潰瘍、神経性食欲不振症、サルコイドーシスの患者で構成されていました。(表は原文より改変)

健康な被験者糖尿病グループ非糖尿病グループ
年齢(年)51.4±7.452.8±14.463.3±16.3
BMI21.1±2.024.7±5.620.9±4.1
空腹時血糖(mmol / l)5.06±0.3112.03±4.215.16±0.42
HbA 1c(%)5.2±0.310.7±2.45.1±0.4
1,5-AG(μmol/ l)138.9±40.69.4±6.1134.4±40.6
尿糖(ミリモル/日)NS164.4±140.60
血清クレアチン(μmol/ l)61.0±15.960.1±19.465.4±17.7
中性脂肪(mmol / l)0.96±0.352.08±2.961.42±1.04
尿酸(μmol/ l)297.4±65.4267.7±95.2285.5±59.5
血清果糖値(μmol/ l)8.1±1.012.0±3.87.7±1.6
尿中果糖値(μmol/日)NS127.8±106.737.7±23.0

糖尿病グループでは健康な人や非糖尿病と比較して、血中の空腹時の果糖値、尿中の果糖値は高くなりました。血中ではおよそ1.5倍、尿中ではおよそ3.4倍です。ちなみに糖尿病グループの果糖値は入院して2週間治療を受けると大幅に低下し、血中では8.6、尿中では63.4まで低下しました。

血糖値と比較するとその濃度は1000分の1しかありません。しかし、この少ない量でも恐らく様々な組織や臓器には毒なんでしょうね。糖質制限ではどれほどの濃度になるかはわかりませんが、非常に興味深いですね。

空腹時ですから、この果糖は内因性でしょう。つまり、コントロールの悪い糖尿病では空腹時血糖が200を超えているので、その一部が果糖に変換されているのでしょう。

果糖の過剰摂取も悪いですが、高血糖も果糖を多く作ります。(新しい本でもここについて書いています。)

糖質制限で糖質過剰症候群を防ぎましょう。

 

「Increased Fructose Concentrations in Blood and Urine in Patients With Diabetes」

「糖尿病患者の血中および尿中のフルクトース濃度の上昇」(原文はここ

2 thoughts on “コントロールの悪い糖尿病では血糖値だけでなく血中の果糖値も高い”
  1. このブログは先生の独り言ですが、私も独り言ということでコメント致します。
    病気や健康というのは、人それぞれの体質があると思います。
    糖質制限は否定しませんが、それが体質に合う、合わないも人それぞれだと思います。
    だから、大切なことは、医者やメディアに翻弄されず、自分を知ることです。
    生活習慣と身体の状態に耳を傾けながら生活することです。
    私は糖質も普通に摂っていますが、体の異常はまったくありません。
    日々の運動と定期検査をしっかりしています。
    糖質制限が「商売」になっている現状、それを鵜呑みにして、体を壊しても、それを推奨した医者やメディアは責任など取りません。
    信ずるものは己のみです!

    1. 近藤兼親さん、ひとりごとありがとうございます。

      人生いろいろ、体質もいろいろ、考えもいろいろ、ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。