ビタミンのサプリメントは飲めば良いってもんじゃない!本当に必要か、効果はあるのかの慎重な検討が大切かも?

以前にも「サプリメントは健康に悪い」という記事を書きましたが、体に良いと思って飲んでいるものが効果がなかったり、逆に健康に良くなかったりと言う研究が多数あります。もちろん、欠乏症を起こすような程、不足している場合はサプリメントを使うことは非常に有用だと思います。しかし、普段から健康に気を付けていて、食事にも気を配っている人が、さらに健康になるようにサプリメントを飲む必要があるのでしょうか?

例えばビタミンDが低値の場合、がんのリスクが高くなると言われています。そこで、そこで高齢の女性がビタミンD3とカルシウムのサプリメントを飲んだところ、がんのリスクは低下しなかった、という研究がありました。(原文はここ

さらにビタミンDが少ないと心血管系の疾患が増加すると言われていますが、高容量のビタミンDのサプリメントでも心血管系疾患の発生は減少しませんでした。(原文はここ

また、マルチビタミンが心血管系疾患を減少させなかった、という50歳以上の男性医師を対象とした研究もあります。(原文はここ

その研究の二次分析では、同じようにマルチビタミンが効果がなかったと結論しています。(原文はここ

他にも、ビタミンEのサプリメントは認知症は予防しない、という研究、(原文はここ)白内障も減少しないという研究。(原文はここ

また、抗酸化作用として重要なビタミンCやEにも良い効果ばかりではありません。ビタミンCおよびEのサプリメントは、筋力トレーニング後の高齢男性の全身的な除脂肪体重の増加を減少させる、という研究があります。つまり飲まない方が良いという内容の研究です。(原文はここ

同じように、骨密度維持のために筋トレをした好ましい効果が高容量のビタミンCとEで減弱した、という研究もあります。(原文はここ

さらに、ビタミンCのサプリメントは、筋肉のミトコンドリアの生合成を低下させ、トレーニングによる持久力の適応を妨げる、というのもあります。(原文はここ

別の機会の取り上げますが、スポーツのトレーニング、アスリートに関してはビタミンCとEのサプリメントはかなり否定的な研究が多いです。

以前の記事で「高強度インターバルトレーニングが最もアンチエイジングに効果的」というのを書きましたが、せっかく運動をしても、同時にビタミンCやEのサプリメントを飲んでいたら、効果がほとんど得られない可能性があります。

ビタミンにしても、ファイトケミカルにしても、単体でサプリメントとして摂ることは本当に意味があるのかどうかはわかりません。食材の中に含まれる場合はビタミンなどは単体ではなく、他の様々なものと一緒に入っています。そのことにより吸収がされやすくなったり、代謝が上手くされたりなど体内でどのような変化を起こしているのかははっきりしません。しかし、それが自然の形です。有効成分だけ取り出しても本当にそれがちゃんと吸収されるのか、効果を発揮するのかはちゃんとした答えが出ていません。

サプリメントの信奉者は「様々な研究で飲んでいる量が少ない。その何倍も必要だ!」というかもしれません。でも、それこそ有効である証拠もありませんし、さらに害にならない証拠もないのです。そしてもう一つの問題は「依存」です。そのような体に良いと言われているビタミンであっても、サプリメントの形になると、それを飲まずには不安になったり、落ち着かなかったりすれば、それは「依存」になっているのかもしれません。また、いくつもの病気の治療薬をいっぱい飲んでいる人と、「健康のため」と称していっぱいのサプリを飲んでいる人のどこが違うのでしょうか?本当にそれがないとあなたの健康は守られないのでしょうか?そう考えているとしたら、サプリを飲んでいる時点で不健康だということになりませんか?「予防のため」だとするなら、さらに難しい問題になります。何を予防するのでしょうか?あなたの未来に何が起こるかはわからないのです。地震予知と大して変わりません。あなたの健康を害する「何が」起きるかの予知はできません。何もかもを予防する魔法はありません。そうであれば、食事内容や食材に気を配り、適度な運動をすることで十分ではないでしょうか?大量のサプリが必要ですか?

他のサプリ同様、ビタミンであっても摂れば良いってもんじゃありません。まずは食事からが重要でしょう。現在の食材の栄養素の量は昔よりかなり減少していると言われています。しかし、だからと言ってサプリメントなら大丈夫、とは言えません。ビタミンの効果はもちろん否定するわけではありませんが、サプリメントの効果は疑問です。サプリメントは自然のものではなく、工業製品です。構造式が同じなら工業製品も自然のものも全く同じでしょうか?中国製の遺伝子組み換え細菌が作り出すビタミンが、野菜や果物の中に含まれるビタミンと本当に同じかどうか疑問でもあります。我々人間はロボットではありません。「文明」の中に生きている「野生」の生き物です。ですから、自然の中から栄養を頂くのが一番良いと思います。もちろん、体調を崩してあまり食事ができないような場合など、一時的にサプリメントを摂ることは非常に有用だとは思います。サプリの全てを否定しているわけではありません。

また、体のいろいろな物質と同じように、自分の体の中で作り出せるものを外部からたくさん摂ってしまうと、体が調整して合成量を減らしてしまう可能性もあります。

サプリメントを摂るのであれば、何のために飲むのか、本当に自分に必要なのかどうか良く考えてから使うようにする方が賢明だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする