非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は日本でも増加しています。しかし、多くの人、しかも多くの医師もあまり気にしていないように見えます。明らかな脂肪肝でない限り、ほとんど指摘を受けていません。現在、肝臓の肝細胞の5%以上の細胞の中に脂肪が溜まっている状態を脂肪肝というとされています。脂肪肝を判別する最も簡便な方法は、腹部超音波検査(腹部エコー検査)です。エコーでは正常の肝臓と比べて脂肪肝では肝臓は白く輝いて見えます。また、腎臓と比較しても白く見えます。もっと少ない脂肪だとエコーでは判別は難しいでしょう。

しかし、肝細胞の5%以上の細胞の中に脂肪が溜まっているかどうかで脂肪肝を判別して本当に良いのでしょうか?

今回の研究では肝臓の中性脂肪が5%(この研究では欧米の基準である5.56%)よりもはるかに少ない、1.85%を超えるかどうかで様々なパラメータの違いを分析しています。肝臓脂肪含有量が1.85〜5.56%のグループと1.85%未満のグループを比較しています。対象はアジア系インド人、または非アジア系インド人です。脂肪含有量の1.85%という数値は、対象となった非アジア系インド人BMI25未満の全ての人1,506人の95パーセンタイル(低い方から数えて95%の人がその範囲に入る数値)が1.85%だったからです。肝臓脂肪含有量はエコーではわからないので、磁気共鳴分光法(MRS)という検査で測定しています。(図は原文より)

上の図は肝臓脂肪含有量が1.85%未満と1.85〜5.56%のグループとの様々なパラメータです。1.85%の群と比較して1.85〜5.56%群では、BMIが高く、中性脂肪値が高く、総コレステロールおよびLDLコレステロールが高く、HDLコレステロールが低く、尿酸値が高く、空腹時インスリン値が高く、インスリン抵抗性を示すHOMA-IRが高く、インスリン感受性を示すISIが低く、体脂肪率が高くなっていました。

つまり、1.85%を超える肝臓脂肪含有量がインスリン抵抗性と心血管疾患のリスクに関連していることを示しています。ちなみに今回の研究で痩せた人の肝臓脂肪含有量の中央値は0.35%でした。つまり、肝臓に脂肪が1%程度の少しでも蓄積していることがすでに異常なのかもしれません。

エコー検査では恐らくわからない程度の脂肪肝でさえ、すでにインスリン抵抗性が増加して、様々なリスク因子が増加してしまっています。もちろん、全ての人にこの研究のような検査が行われることはないので、ある程度血液検査で予測しなければなりません。

以前の記事「ALT(GPT)の上限値は現在の基準値よりももっと低くすべき」「肝機能検査のALT(GPT)がちょっと上がっていてもご注意を」で書いたように、私はALT20以下をお勧めします。

ALTが20を上回るようなら、すでに肝臓に脂肪が蓄積している可能性が高くなっていると考えます。

脂肪肝も糖質過剰症候群です。脂肪肝の予防には糖質制限です。

 

「Ethnic and sex differences in hepatic lipid content and related cardiometabolic parameters in lean individuals」

「痩せた人における肝脂肪含有量および関連する心臓代謝パラメーターの民族および性差」(原文はここ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。